RSS | ATOM | SEARCH
大東亜解放戦争 下
 「大東亜解放戦争」 下巻 眞相(ほんとう)は日本が勝ったのだ 岩間 弘著 岩間書店

大東亜戦争(太平洋戦争)は自衛戦であったということは、その日本と戦った米国の

連合国最高司令官マッカサーが昭和25年5月25日、アメリカ上院で証言し

「日本が太平洋戦争を戦ったのは防衛・安全保障のため、即ち自衛の為だった」

と、東京裁判は間違っていたと証言したの同じである。

日本は明治維新以来、日清、日露戦争をはじめ、支那事変、大東亜戦争を戦ってきました。

が、決して侵略戦争ではなく、やむにやまれぬ、自存自衛の戦争であったと信じています。

この事はこの本をすべて、お読みくださればお分かりのことと思います。

現在の日本は、日本国民としての誇りを忘れ、国民の道徳は乱れ、経済は苦境にあり、

企業も物欲に走り、犯罪が激増していますが、結局その根本の原因は

アメリカが日本の魂を抜き取って、日本が再び強国にならないようにと企てた対日弱体化

政作によるもので、日本に押し付けたマッカーサー憲法なる日本国憲法と、東京裁判によって

日本国民に贖罪意識を植え付け、教育基本法による、国家や公に対する献身奉仕の精神

の剥奪にあるのです。・・と「あとがき」書かれています。


ちょうど、産経新聞8月12日の投書欄に 「大和魂をなくすな」の訓示 という投書がありました。

敗戦から数日後、英語の教諭が教壇に立ち、「これから私がいうことを、胸の奥底に

たたきこんでおけ。米英の進駐軍が来たら二度と言えないから」と生徒たちに言った。

「残念ながら、日本は戦争に負けた。無条件降伏という不名誉な事態だ。しかし

こらから先、どんな時世になろうとも、大和魂、大和心だけは決して捨てるな。

それをなくしたら、日本は、日本民族は滅びるぞ。戦争に負けたくらいでへこたえるな


大変胸に応える言葉でした。はたして、今の日本に大和魂・大和心があるのでしょうか。
author:瑞穂商店 伊藤彰彦, category:こんな本読みました, 22:46
comments(0), trackbacks(1), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 22:46
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://mizuho2.jugem.jp/trackback/619
常和ホールディングス【3258】、マンダム【4917】売りました。226,600円の利益です♪
皆さん、こんにちは〜★ 今日は、またもや反落しちゃいましたね 調整局面に入っているせいか、為替も弱い動きで昨日小幅に上昇したから早くも調整抜けて再度上昇を期待してただけに読みづらい相場になってきました。 同じ読みづらい相場でも調整局面相場よりは、過熱
株式投資でミリオネーゼ, 2009/08/20 2:47 PM