RSS | ATOM | SEARCH
英国人記者が見た・・


英国人記者が見た 連合国戦勝史観の虚妄 ヘンリー・S・ストークス 祥伝社新書

「フィナンシャル・タイムズ」「ロンドン・タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」各支局長歴任の英国人記者
が、戦後、戦勝国がつくり上げた「日本悪玉論」を断罪。

大東亜戦争は侵略戦争ではなく、日本の自衛のための戦いだったこと

東京裁判は裁判の名に値しない無法の復讐裁判だったこと

南京事件、従軍慰安婦の嘘ープロパガンダ・謀略宣伝と暴き

靖国神社参拝問題にも中韓、あるいはマスコミが問題視するまやかしを指摘

翻訳されて欧米諸国民の人にも読んでもらいたい

第2章 「白人の植民地」を侵した日本の罪
    イギリス最大の屈辱、シンガポール陥落
    「猿の惑星」が現実・・など白人の有色人種蔑視、人種差別観には改めてショックをうけました
 
author:瑞穂商店 伊藤彰彦, category:こんな本読みました, 17:58
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 17:58
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://mizuho2.jugem.jp/trackback/2425